米国チョプラセンターのアーユルヴェーダ製品と、ディーパック・チョプラ博士関連商品の通販サイトです。

 

アーユルヴェーダについて

「アーユルヴェーダとは?」





アーユルヴェーダは、インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史をもつ世界最古の伝統医学です。 サンスクリット語の「アーユス」(生命、寿命)と「ヴェーダ」(真理、科学)のふたつの言葉からなり、「生命科学」を意味しています。

「生命科学」というと、何だか小難しく感じる人もいるかもしれませんね。 簡単にいえば、人が誕生した瞬間から、年老いて死ぬまでの人生で、どのようにすれば心とからだがともに健康であり、幸せに暮らしていけるかという知識がたくさんつまった、生きる知恵の総本山といえるものです。

そこには、食事法(医食同源)や健康法(ヨガ、オイルマッサージ、瞑想)といった日常生活で役立つ実践的な教えから、私たちの周りに広がる自然界や宇宙との繋がりを意識して、生命の全体性が語られる哲学的な教えまでが含まれます。



健康=心とからだの調和

アーユルヴェーダの考える健康とは、心とからだに何も不安がなく、穏やかで、すべての調和がとれた幸せな状態からなるといわれています。
つまり、からだの状態だけをみて、健康であるかという判断はしません。

たとえば、あなたが慢性的な頭痛に悩まされているとします。一般的な西洋医学では頭痛を取り除くために、まず、薬の処方やからだの検査といった、頭痛そのものにフォーカスした対処療法からはじまることが多いものです。
一方、アーユルヴェーダは頭痛の原因をなくすだけでなく、その背後にある生活習慣や食事、根本的な性格や性質といったあなたの全体性をみて、
心とからだのすべてを整えていきます。ひいては、病気を予防して、健康な心身が育くまれていくことになります。

3つのエネルギーを整える

アーユルヴェーダでは、万物にはヴァータ・ピッタ・カパという3つのエネルギー(ドーシャ)が働いているといわれています。

ヴァータは風のエネルギー、ピッタは火のエネルギー、カパは水・土のエネルギーを象徴します。
人も、生まれながらに、この3つのエネルギーをもっていますが、そのバランスはさまざまです。そのバランスの違いが体質や性格、見た目の個性になります。
自身が生まれながらにもつドーシャはアーユルヴェーダの専門医による脈診のほか、ドーシャ診断テストで知ることができます。(※ご自分のドーシャを知るには「ドーシャ診断」ページをご覧ください(クリック)
各々の人がもつドーシャ・バランスは、日々の暮らしの中で絶えず変化しているものです。
しかし、自分のドーシャを正しく知って、心とからだを整えていくことこそが、本当の健康や幸せへの第一歩になるのです。


お店ブログ「アーユルヴェーダ生活~ウェルビーイングライフ」にて、「チョプラセンター発アーユルヴェーダ講座」を提供しております。どうぞそちらもご参照くださいませ!

カレンダー
  • 今日
  • 発送お休み日

ホームページからのご注文受付は年中無休で行っております。

ページトップへ