ウェルビーイング・フーズ、米国チョプラセンターのアーユルヴェーダ製品、ディーパック・チョプラ博士関連商品の通販サイトです。

 

一年中欠かせない紫外線対策にUVカットエッセンス 30ml

価格: ¥6,048 (税込)
[ポイント還元 302ポイント~]
数量:
在庫: 10個

返品についての詳細はこちら

Wellbeing shopで取り扱いを始めてから、その脅威のデトックス力と、
肉体面だけでなくあらゆる浄化力をもつマコモは
大人気の商品となりました。

マコモは、自らの力で汚染や毒を浄化するという自浄作用があります。
”腸内環境改善・放射性物質・有害物質の排出を助ける、
血液浄化、造血、解熱、整腸、糖尿病予防、
精神安定”などの効用も認められており、
「神の宿る草」として古事記や日本書紀の古文献、
出雲風土記に記述があり、お釈迦様がその昔、
まこもを用いて人々の万病をも治したと語り継がれている
偉大なる薬草です。



シミや毛穴のケアも保湿が基本。
「シミ対策をしたいけれど、毛穴も気になる」など、
同時に複数のケアをしたい方には、化粧下地にも
使えるUVカットエッセンスがお勧めです。

UVカットエッセンスは、37種類の天然系原料100%。
安全な紫外線防止剤として代表的な天然鉱物の
酸化チタンと酸化鉄を配合し、シミやそばかすの
原因となるUV-A、皮膚ガンの原因ともなるUV-Bをカットします。

また、ヘチマエキスやケープアロエエキスなど、
各種の植物エキスが皮膚に入り込んだ
有害な紫外線を吸収分解します。

UVカットエッセンスは、健康で美しい肌に必要な
皮膚タンパク質の補給ができるほか、
細胞の 活性を促す成分も配合。
クエン酸やモモ葉エキスなどの成分で活性酸素を除去し、
メラニンの生成を抑制するほか、グリセリンやヒバマタエキスなど、
上質の保湿・保護成分が乾燥を防止。

保湿・美白・皮脂コントロールができる、紫外線防止用の美容液です。




☆使い方

洗顔、保湿してお肌を整えた後、
容器をよく降ってから2〜3適を手に取り、指先で顔全体にのばします。
そのままメイクの下地としてお使いいただけます。
額・目の下・頬ににかけてはたっぷり塗布するのがポイントです。




私は、日焼け止めは、年中欠かせないスキンケアの一環として
捉えています。
毎日、ファンデーションなどは付けず、このUVカットエッセンスと
必要に応じてパウダーで整えるだけにしています。
このエッセンスは、肌のトーンもコントロールしてくれるので、
ファンデーションがなくても、肌本来の色味をより
洗練されたカラーで表現してくれる感じがします。
肌に適度なツヤが出て、紫外線カット剤によくありがちな、
荒れる、ベタつく、重い、白浮きするといった、使用するのをためらう点を
全てクリアしたサンスクリーンでした。
香りも良く、肌へのトラブルも刺激も全くなく、
安心感の中で使えます。




【全成分】
水、グリセリン、香料、エタノール(発酵)、酸化チタン、酸化鉄、クエン酸、アスコルビン酸、甘草エキス、ビワ葉エキス、ヘチマエキス、ケープアロエエキス、マグワ根皮エキス、モモ葉エキス、ヒバマタエキス、センキュウエキス、ホップエキス、トウキエキス、ブクリョウエキス、キナエキス、エイジツエキス、カミツレ花エキス、オトギリソウエキス、ラベンダーエキス、ヒアルロン酸Na、オタネニンジンエキス、加水分解コラーゲン(サカナ)、オウゴンエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダガラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、マツエキス、マコモ発酵エキス



【使用上の注意】 傷、湿疹等お肌に異常のある時はご使用をお避け下さい。お肌に異常が生じていないかよく注意して使用して下さい。お肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止して下さい。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。(1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。目に入らぬように十分注意して下さい。目に入った場合は流水で洗い流して下さい。アトピーやアレルギー体質の方、お肌の弱い方、過敏な方は必ず試用テスト(上腕部内側等に塗布)を行って下さい。異常があらわれた場合はご使用をおやめ下さい。 

店長紹介

Wellbeing shop店長の井上はるかです。

「店長日記」に自己紹介を書かせて頂きました。

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 発送お休み日

ホームページからのご注文受付は年中無休で行っております。

ページトップへ